浮気や不倫の証拠

夫や妻の不貞行為が原因で離婚したいという場合、どのようなことが証拠になるでしょうか。 浮気や不倫の証拠を押さえるには、行政書士や弁護士というより、私立探偵の専門分野になりそうです。 不貞行為の証拠は事実を証明できるものとして、慰謝料を請求するときに役立ってくれるでしょう。

配偶者の浮気や不倫の証拠になるものは、以下があげられます。 依頼した興信所による、調査報告書。 浮気や不倫行為を本人が認めたやり取りの、録音テープ。 旅行などの宿泊先で撮影された、不貞行為の相手と配偶者とのツーショット写真。 不貞行為があったことをにおわせる、メールや手紙。 不貞行為の事実があったことを明記した、メールや手紙。 ラブホテルに二人で出てくる、もしくは入っていくときの写真など。

これらの不貞行為の証拠となるものは、なかなか簡単に手に入らなくても、数を集めることで効力が高まっていきます。 探偵や興信所に依頼しなくても、録音テープや手紙など、なんとか入手できるものもいろいろあります。

慰謝料を請求したり離婚を求めたいとき、できるだけ不貞行為につながりそうなものは捨てずに収集しておくことです。 メールやデジカメの画像は、後から手を加えて変更できてしまうことから、証拠としてはあまり確かなものではありません。 だからといって破棄せずに、このようなものでも量を多くしていくことが大切です。

不貞行為の相手と配偶者が密会するところを、デジタルカメラで撮影するときは、カメラの設定を時間や日付が入るようにしましょう。 ラブホテルに出入りする場面は、写真を連続撮影すると、証拠としての説得力が高まるようです。 弁護士や探偵などの専門家にも、アドバイスをもらってみてください。

じつは管理人の知り合いも離婚の際、不倫の調査で探偵 東京に相談をしたようです。
相談だけでしたら無料の興信所も多く存在するようなので、利用してみるのも一つの手だと思います。